スマホで管理するFAX

スマホに届いた受信FAXに加筆して返信ができる便利さ

スマホに届いた受信FAXに加筆して返信ができる便利さ 最近は、従来の紙を用いたファクシミリサービスを使う企業や事業主が減少しており、その代わりにインターネット回線を使ったファクシミリサービスであるデジタルFAXを使うところが多くなっています。
デジタルFAXであれば、専用のファクシミリ機器や紙、トナーなどが一切不要であり、いろいろなコスト削減を図ることが可能です。
また、スマホに届いた受信FAXに加筆して返信ができるため、非常に便利で使い勝手の良いものになっています。
インターネット回線につながっているパソコンやスマホがあれば、デジタルファックスの送受信内容をいつでもどこでも確認することができます。
また、過去に送ったファックスや受け取った内容などについて、データ化しておくことが可能であり、チーム内などで共有することも簡単にできます。
従来の紙のファクシミリサービスをデジタルサービスに変更することによって、コストカットだけではなく、作業効率の向上につながります。

スマホを使ったFAX方法!欲しい情報だけ印刷できる安心さ

スマホを使ったFAX方法!欲しい情報だけ印刷できる安心さ FAXを受信し、その中から個人情報や社外秘となる部分などを省き、必要な範囲だけを印刷したいと考えた場合、従来は、受信した原稿のコピーを取って、必要な範囲だけを切り取って新たな原稿を作成したり、スキャナーでスキャンしてパソコンなどに取り込み、画像をペイントツールなどで読み込んで編集して、もう一度原稿を作り直すなど、大変煩雑な手間がかかっていました。
一方、スマホでFAXのデータを受信した場合は、元のデータを残しつつ、そのデータを簡単に編集し、欲しい情報だけを印刷することが可能です。
pdfファイルや、ワード、エクセルのファイルのような、広く普及したフォーマットあれば、メーカー製のものや、サードパーティー製も含めて、スマホ用の専用アプリも数多く存在しており、それらを利用すれば、簡単に編集ができます。
また、それらのフォーマットで無かったとしても、原稿をスキャナーの代わりに写真として撮影し、その画像をグラフィックエディタで編集して、必要な情報だけを印刷することも可能です。